温順へスペリジン

生姜だけじゃない!食事で出来る冷え性対策

入浴や運動、重ね着など、冷え性対策には様々な方法がありますが、大切なのはやはり、体中を流れる血液をサラサラにし、隅々まで血液を送り届けることです。

現代人に冷え性が増えてきているのは、食生活の乱れが一番の原因と言えるでしょう。

日頃から冷え性を改善する効果のある食事を意識的に摂ることで、これまでの悩みを解決することが出来るのです。

冷え性対策に効果的な食事

体を温める効果があるものを食べる

生姜には体を温める効果があることはご存知だと思います。

よく風邪を引いたときに生姜汁を飲む、という人がいますが、風邪を引いたときだけでなく特に寒い時期には毎日生姜汁を飲むことを習慣化することで、自然と冷えにくい体を手に入れることが出来るかもしれません。

生姜汁にして飲むだけでなく、料理にすりおろした生姜を入れることで簡単に体をポカポカにすることが出来ます。

生姜だけでなく、ニンニクやネギ、レンコンなどにも体を温める効果があるので、積極的に毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

血行を良くする効果があるものを食べる

血行が良くなると体の隅々まで酸素が行き渡り、すべての臓器が活性化され、冷え性が改善されます。

ビタミンEには血行を良くする効果があるので、ビタミンEを豊富に含んだかぼちゃやうなぎなどを積極的に食べることで冷え性対策になります。

体を冷やす飲食物を避ける

冷たい飲食物には当然、体を冷やす効果があります。

夏に暑いからと言って冷たいジュースやアイスクリームばかり食べていると、冷え性になりやすい体になってしまうのです。
特にアイスクリームやジュースに使われている砂糖も体を冷やす食材のひとつなので、食べ過ぎには注意が必要です。

夏は暑いから大丈夫、とタカをくくっていると、いつの間にか真夏でも手足が冷える清浄に悩まされるようになってしまいますよ。

加熱して食べる

体を温めるためには、やはり食べ物を温めて食べる方が効果的です。

煮る、炒める、焼く、ゆでるなど料理にひと手間加えるだけで、冷えにくい体を手に入れることが出来るでしょう。

体を冷やす食材も、うまく加熱して調理することで栄養バランスよく摂ることが出来ますよ。

特に若い年齢層の人たちは生野菜サラダを好みよく食べているようですが、毎日のように食べることで体に水分が溜まり、冷えやすい体になってしまうので要注意です。

最後に

どんなに厚着をしたりカイロを持ち歩いたりして体の外側から冷え性対策をしても、体の内側が冷えていては意味がありません。

毎日欠かさず摂る食事を利用して、食べ物のパワーで体を芯から温めてください。

まずはどの食材に体を温める効果があるのか、どの食材に体を冷やす効果があるのかをしっかりと知ることから始めると良いのではないでしょうか。

出来るだけ若いうちから冷え性対策を始めておくことで、冷え性知らずの体になれるかもしれませんよ。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »
関連記事をもっと読む