温順へスペリジン

入浴で体温調整機能を正常化させる5つのポイント

冷え性によって体中が冷え切ると、自律神経に乱れが生じて様々な体調不良の原因になります。

正しい入浴法を知って体を暖め、異常化した体温調整機能を元に戻してください。

体温調整機能を正常化させるための入浴のポイント

湯船に浸かる

特に仕事や育児で忙しくてなかなかゆっくりお風呂に入る時間がない、という人ほど、湯船に浸からずにシャワーだけで済ませてしまうものです。

確かにシャワーでも体の汚れは落とせますし、部分的に体をマッサージすると言った効果はありますが、体を暖めるという面では全く効果がありません。

夏だけでなく1年中シャワーで済ませているという人は、冷えがどんどん溜まってきている可能性があります。

出来れば夏場も湯船に浸かって、体を芯まで暖めるようにしてください。

お湯の温度はぬるめに設定する

冷えた体を暖めようとして湯船のお湯を熱めに設定する人がいますが、実は冷え性改善にはこれは逆効果です。

42度以上に設定した湯船に浸かると交感神経を刺激することになり、血管が収縮してしまい皮膚の表面しか暖めることが出来ないのです。

正しい入浴方法としては、38度~40度程度のぬるめのお湯に最低でも20分以上は浸かること。

あまり熱いお湯だと長く入っていられないので、上がったあと湯ざめしてしまいます。

半身浴をする

冷え性を改善して体温調整機能を正常化させるのに最も効果的な入浴方法は、半身浴です。
半身浴には冷えやすい下半身を集中的に暖める効果があり、全身の血流を良くしてくれます。

しかし間違った半身浴では効果がありませんので、正しい方法を知っておいてください。

  • 38度~40度のぬるめのお湯で下半身だけ浸かるように
  • 両手はお湯の中に入れない
  • 上半身が汗をかくまで続ける

温冷浴をする

あまり聞いたことのない入浴方法かもしれませんが、温冷浴は自律神経の乱れを正して体温調整機能を正常化するには大変効果的です。

熱いお湯とぬるめのお湯を3~4回交互に浴びることで、血液の流れを活性化することが出来ます。

特に上半身が冷えやすい人にはおすすめの入浴方法となっています。

湯ざめを避ける

せっかく正しい入浴をして体を芯まで暖めることが出来ても、入浴後に湯ざめしてしまっては意味がありません。

湯船から出たら手足に水をかけ、血管を収縮させましょう。
これによって暖まった血液が逃げにくくなります。

また、暖まった体を再び冷やすことのないように、しっかりと暖かい服装をしてください。
靴下を履いて保温したり、ドライヤーをかけて髪の毛を完全に乾かしてから就寝すると良いでしょう。

最後に

この他にも、体を暖める効果のある薬草を入れたり、リラックス効果のあるオイルを入れたりする入浴方法もおすすめです。

正しい入浴方法を知らずにいると、知らず知らずにうちに冷えやすい体を作ってしまうことになりますよ。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む