温順へスペリジン

冷えは更年期障害の原因に!体温調整出来る体を手に入れよう

「冷えは万病のもと」とも言われていますが、実は多くの女性を悩ませている更年期障害も、冷え性が原因になっていることがあるのです。

若いころからしっかりと冷え対策をしておけば、更年期障害も軽く済ませることが出来るかもしれません。

冷え性と更年期障害

更年期障害とは

更年期障害は閉経を迎えるころの年齢の女性なら誰にでも訪れる症状です。

女性は閉経が近づくにつれて卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減少します。
このことが原因で様々な身体的、精神的な症状が現れ出すのです。

初期症状としては不眠やイライラ、頭痛、めまい、発汗、動悸、息切れなどですが、症状が重くなると食欲不振や手足のしびれ、膀胱炎、知覚過敏などの深刻な状態になります。

食生活を改善したりストレスを解消することで症状を軽くすることは可能ですが、症状が重い場合は病院での治療が必要になる場合もあります。

冷えと更年期障害の関係

女性ホルモンの分泌量が減少することで、自律神経にも影響を与えることになります。
自律神経が正常に働かなくなると体温調整が上手く出来なくなり、冷えを起こしてしまうのです。

若いころは冷え性でなかったのに、年齢を重ねるとともに手足の冷えを感じるようになった、という女性は実は非常に多いようです。

通常の冷え性との違いとしては、のぼせを伴うことです。

これは体が冷えを感じた場合、体を温めるために体温を上昇させようとしても、体温調整が上手く出来ないために起こる現象なのです。

手足は氷のように冷えているのに、頭はほてってのぼせている。
下半身は暑いのに上半身は寒い。
といった症状が現れた場合は、更年期障害による冷え性を起こしている可能性があるでしょう。

更年期障害による冷えを予防するには

人は年齢を重ねると体のあちこちに不調が現れるものですから、体を動かすことも少なくなってきます。

それこそが冷えを悪化させる原因になりますので、ウォーキングやジョギングなど適度な運動をして体を温め、血液の流れを良くしてあげてください。

また、ストレスをあまり抱え込んでいると自律神経が正常に働かなくなってしまいます。
自分でストレス解消法を見つけて、毎日を明るく楽しく過ごすように心がけましょう。

体を冷やす食べ物を避け、温める食べ物を積極的に摂るようにすることで、冷え性が改善される場合もあります。

体を締め付けるボディスーツやガードルの着用は血行を悪くして冷えを悪化させてしまいますので、避けてください。

最後に

更年期障害は女性なら誰にでもあるものだ、と思い、症状を我慢してしまう人が大変多いようです。

しかしその症状は想像以上に辛く、精神状態まで悪化させてしまいます。

若いうちから冷え性対策をしっかりと行い、体温調整機能が正常に働くように努力しておくことで、快適な更年期を迎えることが出来るかもしれませんよ。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

婚活はなぜ失敗するのか?どういう男が異性に嫌われるのか?
女性の視点で、そして男性の視点で婚活を成功させるための秘訣を伝授します。
婚活恋愛ガイド

生命保険を考えるときにしっかりとチェックしておきたいのが、ライフプラン表です。
人生設計をしっかり見据えたライフプランを練って、計画的に資金を構成していくべきです。
ライフプラン表のつくり方

関連記事をもっと読む