温順へスペリジン

体温調整機能を改善して自律神経失調症を80%克服!

自律神経は私たちの体の中にある内臓や器官をコントロールしている重要な神経です。
この自律神経の働きに異常が起こり、様々な体調不良を引き起こすのが「自律神経失調症」。

自律神経失調症の症状には、必ずと言っていいほど「冷え性」が伴います。

自律神経失調症と冷え性

自律神経失調症とは?

具合が悪い、体の一部が痛い、精神的な落ち込みがひどい、などの症状があるのに、病院で検査してもらっても「どこも異常なし」という経験をしたことがある人は少なくないでしょう。

これが自律神経失調症なのです。

頭痛や耳鳴り、口の渇き、息苦しさ、手足のしびれ、倦怠感...。
自律神経失調症の症状は人それぞれですが、原因も1人1人違います。

生まれつき自律神経の働きが乱れやすい、という人もいますが、生活リズムの乱れや過度なストレス、ホルモンの影響が原因となっている人も多いようです。

治療法としては、カウンセリングや薬物療法などもありますが、自分で生活習慣を見直すだけでもずいぶん症状が軽くなる場合もあるようです。

自律神経失調症と冷え性

自律神経の正常に働かなくなると、体温調整が出来なくなり冷え性になりやすくなります。

冷え性になると全身の血液の流れが悪くなるため、体のあちこちで老廃物が溜まりやすくなるのです。

老廃物が発生させる活性酸素は細胞の働きや内臓の機能を低下させるため、自律神経の働きはさらに悪くなってしまいます。

冷えは体の不調を知らせるサインだと思ってください。

冷え性を改善するために体を温める努力をすれば、体温調整機能も正常化し、自律神経失調症の症状も軽くなってくる場合があります。

冷え性を改善して自律神経失調症を克服するには

自律神経と冷え性には密接な関係がありますので、冷え性を改善するために生活リズムを見直したり、体を温める食べ物を積極的に食べることで自律神経の働きも正常化する可能性はあります。

その他にも、ウォーキングやジョギングなどの適度な運動を心がけたり、ストレスを溜めたままにしないようにストレス解消法を見つけたり、就寝前にぬるめのお風呂に長めに浸かるようにしたりすることで、冷え性を改善することは出来ます。

最近は冷え性対策のための様々なグッズが販売されていますので、活用してみるのも良い手かもしれません。

自分が最も冷えやすいと思う部分を集中的に温めたり、全身に熱が行き渡るように代謝を良くする努力をするのもおすすめですよ。

最後に

自律神経失調症は、その症状から精神的にうつ状態になってしまう人も少なくありません。

病院で検査しても異常が見られないため、「精神的な弱さが原因」と処理されてしまい辛い思いをしている人もいるはずです。

しかし、自律神経失調症は私たちの人生を変えてしまう恐ろしい病気なのです。

まずは冷え性を改善して、症状の軽減を試みてはいかがでしょうか?

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む