温順へスペリジン

犬はなぜいつも舌を出しているか

哺乳類にとって汗は重要な体温調整機能

犬はいつも口を開けて舌を出し「ハァハァ」と息をしています。他の動物(哺乳類)、たとえば猫などはこのようなことはしません。これはなぜでしょうか。

犬は体から汗をかかないからです。犬やオオカミといったイヌ科の動物の皮膚には汗を出す「汗腺」がありません。このため、汗をかく代わりに口から舌を出して唾液を蒸発させることによって、身体の熱を放出し体温を調節しています。また、ウサギやゾウは大きな耳を空気中にさらすことによって、耳の中を走る血管を冷やすことで体温調節しています。

我々人間は全身に汗腺があるため、全身から発汗します。このため、汗をかくことを嫌います。体が不快になりますし、匂いも気になります。また、衣服も汚れます。とくに、女性はなるべく汗をかかないよう普段から気にかけている方が多く見られます。

しかし、汗は我々哺乳類にとって生命や健康維持のため重要なファクターなのです。人間も含め、ほとんどの哺乳類は汗をかくことによって、上昇した体温を冷却し、平熱に戻すといった体温調整をしています。ちなみに、爬虫類は変温動物なので汗をかく必要がありません。汗は、恒温動物である哺乳類の体温調整機能なのです。

大量の汗をかいたらすぐ水分補給を

激しい運動をしたあとや気温が高い時、また、病気で発熱したときなど汗をかかないと体温が上がったままになり、極端な場合は命にかかわります。熱中症はそのいい例と言えます。

とは言っても、大量の汗をかくと今度は脱水状態になるので、水分の補給が必要になります。汗の主成分は水分ですが、塩分やミネラルなども含みます。汗をかいたあとの衣服をそのままにしておくと、汗で濡れていた部分が白くなります。

よく、服が塩をふいていると言いますが、これは、本当で水分が乾燥し塩が付着するのです。また、昔は肉体労働者の方が塩をなめながら作業をしたと聞きますが、これも、水分とともに失われた塩分を補給するためです。

このため、最近では塩分やミネラルを含んだスポーツドリンクがあります。運動の後や高温下での作業などで大量の汗をかいたあとは、スポーツドリンクで水分だけでなく、これらの成分も補給するようにしましょう。

ストレスでの発汗は手や足や腋に起きる

このように、汗は基本的には体温を調整するためにあるのですが、それだけでは、ありません。ストレスによっても発汗します。発汗は基本的に神経により汗腺が刺激され、起ります。このため、気温など環境の温度が高い場合だけでなく、ストレスにより神経が刺激されたときにも起こります。

体温調節のための場合は、全身から発汗しますが、ストレスに起因する場合は、手の平や足や腋から発汗します。「手に汗を握る」と言いますが、精神的に追い詰められた時、興奮した時など、みなさんも経験があると思います。

これは、心理的な要因だと思いますが、運動やサウナなどで汗をかいた時は、非常に爽快で気分もさっぱりします。しかし、ストレスで発汗した時は、なんとも不快です。よく、マンガやイラストでは人物が困っている様や追い詰められている時を表現するのに必ず顔に汗を書きますが、まさに的確な表現と言えます。

汗と上手く付き合う方法

このように、汗は我々の健康にとってかかせないものですが、一方で不快なものでもあります。多汗症などの病気での発汗はともかくとして、汗と上手く付き合っていきたいものです。

まず、汗をかいたらすぐ体から拭き取りましょう。そして、できれば、汗で濡れた衣類もすぐに取り換えましょう。夏場などに外出するときは、ハンカチだけではなく必ずタオルも持参します。

都心部での通勤は電車が主ですが、ひどく汗をかきます。電車から降りたらすぐにタオルで全身を拭けるような時間と環境を作るように心掛けておいてはどうでしょうか。

また、お風呂で半身浴をし、汗をかくこともお勧めです。発汗は汗と同時に体の老廃物も一緒に排出すると言われており、さらに、血行も良くなるため、疲労回復や寝つきが良くなるなどこの効果があります。もちろん、風呂から上がったらすぐに汗を拭くことが大切です。

今はとくに夏になると制汗スプレーなど様々な制汗グッズが溢れています。これらも、むやみやたらに使用するのではなく、仕事やデートなど重要なときに上手く使うようにして、必要な時には汗をかき、健康を維持しましょう。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

こちらのサイトもご覧ください

楽しい登山.com
はじめての登山をする前に知っておきたいことをまとめたサイトです。
山登りの楽しみ方や、持っていくもの、準備段階で気をつけることなど、これから登山をしようと思っている方に一度読んでいただきたい情報など。

関連記事をもっと読む