温順へスペリジン

『たけしの家庭の医学』でも紹介されていた冷え性チェック方法まとめ

「冷え性は病気ではない」と言われていますが、今や女性の7割以上が冷えの症状に悩まされていますので、このまま放置しておくわけにはいきません。

全身の血液の流れが悪くなり新陳代謝が低下しますので、冷え性そのものが病気でないにしても、冷え性が原因で様々な病気を引き起こす可能性は十分にあります。

例えば風邪を引きやすくなったり、胃腸が正常に働かなくなったり、婦人病や膀胱炎など、冷え性が原因で起こり得る体の不調は数えきれないほどあるのです。

冷え性についてはまだまだ深刻に考えていない人も多いので、気づかないうちに冷えを抱えている、という人も少なくありません。

まずは自分が冷え性であるかどうか、どのようなタイプの冷え性なのかを知る必要があるでしょう。

冷え性チェック方法のまとめ

「たけしの家庭の医学」でも紹介された冷え性のチェック方法によると、冷え性には3つのタイプがあります。

自分がどれに当てはまるのか、ぜひチェックしてみてください。

四肢末端型冷え性

四肢末端型冷え性は、冷え性の中でも特に若い年齢層の人たちに多い症状です。

血行が悪くなることで体の末端まで血液が行き渡らず、手足の先が冷えるのが特徴です。

四肢末端型冷え性の原因は食事の量が少なかったり運動不足のせいで体内で熱を作ることが出来なかったり、熱を運ぶことが出来ないことにあります。

このタイプの冷え性を改善するためには、タンパク質の豊富な食事を心がけたり、熱が逃げないように首や袖をしっかり保温できる服装をしたり、ウォーキングなどの適度な運動によって代謝を上げることが必要です。

  • 手足の先がいつも冷たい
  • 食事量が少なめ
  • 汗をあまりかかない

このような人は四肢末端型冷え性である可能性が高いと言えるでしょう。

下半身型冷え性

中高年の年齢層に比較的多い下半身型冷え性は、足先から腰の下半身が冷えるタイプの冷え性です。

加齢によって血管が細くなったり筋力が衰えると、血液の循環が悪くなって足先から冷えていきます。

足先は冷えているのに上半身はのぼせているため、入浴を避けて冷え性をさらに悪化させてしまいがちです。

改善するためには下半身の筋力をつける必要があるので、ウォーキングやストレッチが効果的です。

次のような人は下半身型冷え性の疑いがあります。

  • 手が温かいのに足だけ冷たい
  • 上半身だけ汗をかく
  • 食事量は普通

内蔵型冷え性

内蔵型冷え性は、身体は温かいのに内臓が冷えているという、冷え性の中でも最も危険な症状です。

原因は体温をコントロールする自律神経の働きに異常が起こっていることで、入浴や運動で体の芯を温めることで改善出来ます。

内蔵型冷え性は自覚症状が分かりにくいのが特徴ですので、次のような人は注意が必要でしてください。

  • 全身汗をかきやすい
  • 手足の先が冷たくない
  • 食事量は多め
この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »
関連記事をもっと読む