温順へスペリジン

風邪ばかりでなく冷え性も万病の元となる

冷え性の方には、冬の夜に身体が冷えて眠れないという経験があるでしょう。
また精神的にも冷え性は気分が重くなる原因となりますし、寒い日には億劫がって外へ出る気持ちも失せてしまうこともあると思います。

よく「風邪は万病の元」と言いますが、こういった冷え性もまた万病の元と言えるのです。
冷え性にはその原因となる病気があることがあるし、身体の冷えから起こる病気もあるのです。

単なる冷え性と思わずに健康への影響に注意をすることが大切です。

人の体質による健康と不健康

世の中には、よく風邪をひいたりお腹を壊したりする人がいます。またケガをしても中々傷が塞がらない人などもいます。

体質の差や年齢にからくる衰えといってしまえばそれまでですが、健康に問題のある人も多いのです。
最近の研究では、特に冷え性の方にこうした傾向が強いということも分かってきました。

なぜ冷え性になるのでしょうか

人間の身体は周りの気温が寒くなれば体温を調節し身体を温めます。
これが上手くいかないと手足や身体全体が冷えてしまうのです。
これが冷え性になる原因ですが、更にその元をただすと大きく2つ考えられるのです。

一つは心臓や循環器系が上手く働かないために起こる血行障害、もう一つは身体に蓄えられている栄養分をエネルギー(熱量)に変える機能が弱っているということです。
冷え性がひどい場合は心臓病や肝臓などの臓器の病気になっている場合も多いのです。

冷え性がひどい場合は病院へ

冷え性がひどい場合は上記のことが考えられますから早めに医師の診断を受けましょう。
特に最近になって冷え性がひどくなったという方は要注意でしょう。
今まで気が付かなかった病気に罹っている可能性が大きいのです。

冷え性の方は他の病気にも罹りやすい

冷え性の方は、普通の方の平均より体温が低くなっていることが多いようです。

一概には言えませんが、体温が低いと病気に対する抵抗力や治癒力が弱くなることが多く、病気にも罹りやすいといえるでしょう。
冷え性の方が風邪をひきやすいのもこのためです。

対処療法から冷えを取り除く

特に持病の無い方は、身体から冷えを取り除くことを考えてください。
身体を冷やさない、冷えたら温めるという単純なことですが、これこそ冷え性に悩む方の第一の健康法といえるでしょう。

具体的には、風呂が一番効果があります。
足を温める足湯や気泡風呂、温泉、風呂の中に入浴剤を入れるなどです。
また、寝る時は湯たんぽや温熱毛布もよいでしょう。

冷え性を軽く考えていては危険です

冷え性であっても、単に体質と思い込んで我慢している方も多いでしょう。
これは冷え性をうったえる方の割合が、圧倒的に女性が多いためともいえます。
一般的に女性のほうが我慢強いこと、理論的に考えることを苦手とする方が多いことが原因と思われます。

しかし、病気による冷え性や、病気を引き起こす可能性を考えれば軽く考えてはならないのです。
日常の生活を検証し冷え性を治す努力も必要です。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

その他の運営サイト情報

年の暮れに毎年お歳暮を贈る人は多いですね。10月に入るとデパートでもお歳暮の特設コーナーが設置され大勢の方で大混雑していて店員さんも大忙しです。中々重い腰を上げることができずいつもぎりぎりになってしまう方にはWEBでの注文が便利です。
http://oseibo.mandymoorefan.com/

家を買う時は、「住宅ローン」を利用することが多いですよね。消費者税の事を考えると、いつ決めるかで大きく違ってきますね。持ち家でなくても...の考え方も有りますが高齢になった時、賃貸が良いのかどうか分かりません。「住宅ローン」を使っても持ち家の方がと考えています。
http://www.wilhelmmueller.org/

関連記事をもっと読む