温順へスペリジン

冷え性は更年期障害を悪化させる

人間は歳とともに身体が変化します。女性はこの変化が大きく、初潮を迎えると子供を生めるようになり、ある程度の年齢で閉経します。

閉経の時には、それまで続いていたホルモンのバランスが崩れやすくなるために身体の不調が起こることが多く、これを更年期障害と呼んでいます。
そして、若いうちから冷え性に悩んでいた人は更年期障害が激しくなると言われているのです。

冷え性はホルモンバランスを乱します

冷え性を簡単に考えている方が大変多いようですが、身体に想像以上の負担を掛けています。
冷え性には様々な原因が考えられますが、結果としては血行を悪くしています。
そのためホルモンバランスが乱れ、自律神経に障害を招いてしまいます。

女性の場合、ホルモンバランスの乱れは、ホルモン分泌によって機能する排卵や月経に大きく影響します。
排卵日に不調を起こしたり、生理不順・生理通を起こすことはご承知の通りでしょう。
また、これが続けば早期の閉経となることもあるのです。

自律神経失調症に更年期が重なると

また、自律神経失調症では、身体のだるさ・めまい・頭痛・吐き気・動悸・過呼吸・耳鳴り・不整脈・急激な血圧の変化などを生じさせることがあります。

実はこの症状は更年期障害と同じものなのです。
更年期障害は、年齢的に訪れる閉経によってホルモンバランスが乱れ障害が起きるものですから、そこに自律神経失調症が重なれば、症状はさらに二重なってしまうのです

さらに言えば、身体の冷えによって起こる胃腸障害(便秘・下痢など)や泌尿器障害(膀胱炎など)が重なってはかなりの苦痛となってしまいます。

更年期は誰でも迎えるもので、肉体的にも精神的にも転機と言えるでしょう。
この時期を穏やかに過ごすには、身体から冷え性を取り除くことが大切です。

男性にもある更年期障害

最近は男性の更年期障害も注目されています。
女性の閉経のようなはっきりとした節目はありませんが、年齢と共に造精能力が落ち始めます。

睾丸の働きが鈍くなりホルモンバランスが乱れてきますが、女性とは異なって徐々に変化していくのが特徴です。
そのため今までは更年期という言葉は使われず、老化と言われてきました。

しかし、最近は勤め人が圧倒的に多くなったため、定年がひとつの目安となってきたのです。
定年後は生活環境や考え方が大きく変わり、仕事が終わったという満足感もあるでしょう。

この時期とホルモンバランスの乱れが重なると女性と同じような症状が出てくるのです。
つまり男性の場合は精神的要素が多いといえるでしょう。

男性は更年期から冷え性になりやすい

男性の冷え性も最近多くなっていますが、更年期を迎えてから症状を訴える人が多いようです。

男性の場合、女性に比べ筋肉や運動量の関係で冷え性になりにくいのですが、ホルモンバランスの乱れから来る頭痛や肩こり、仕事が無くなったことでの意欲や集中力の低下が、自律神経にも影響し血行が悪くなります。

血行の悪さは運動量の低下も重なって冷え性を招いてしまうのです。

女性でも男性でも更年期の冷え性は、身体の活動量を減らすことになります。
心臓などの病気にもなりやすいし、持病がひどくなることも多くなります。またボケが来ることもあるでしょう。
冷え性は更年期後の重大な健康障害と考えて、充分注意しなければなりません。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む