温順へスペリジン

自分は冷え性?体温調整機能の異常をチェックする方法

冷え性の原因は自律神経に問題が起こり体温調整機能に異常が起こっていることと考えられます。

改善策を考える前に、まずは自分が本当に冷え性なのかをチェックして、体温調整機能を正常化する方法を見つけていきましょう。

体温調整機能の異常をチェックする方法

手足の痛みやむくみを感じる

冷え性と言うと手足の先が冷たくなる、というイメージがありますが、実は痛みやむくみを感じるのも冷え性の症状のひとつです。

体温調整機能に異常が起こると、体が寒さを感じても血管を収縮しようとする力が働かなくなります。

血液の流れが悪くなるため、手足に老廃物が溜まって痛みやむくみを感じるようになるのです。

生理不順、重い生理痛

冷え性の人に生理不順が多いのは、卵巣や子宮の機能低下や女性ホルモンの分泌に問題が起こるためです。

女性ホルモンが乱れることで自律神経にも影響を及ぼし、体温調整機能が正常に働かなくなるのです。

生理不順や重い生理痛どころか、無月経になる場合も少なくありませんので、女性ホルモン剤の服用が必要になります。

頭痛や肩こりがひどい

冷え性の人はよく、手足は冷たいのに頭はほてる、ということがあります。
手足が氷のように冷たいので熱いお風呂に入ったら、すぐにのぼせてしまった、という経験はありませんか?

これは本来手足の先まで行くはずの熱が、頭に集中していることで起こります。
頭や肩に過剰に熱が集まることで頭痛や肩こりの原因になっている、というわけです。

自律神経の働きが悪くなると体温調整がうまく出来なくなり、さらに冷えを悪化させ、ひどい頭痛や肩こりを起こしてしまうのです。

疲れやすい

体温調整機能に異常が起こると、体が寒さを感じたとき体を暖めようとするエネルギーが不足し、寒さに対する抵抗力がなくなります。
熱を生み出す力がなくなるため、冷えを起こしてしまうのです。

そういった理由で、冷え性になってしまうと体はエネルギー不足を感じ、疲れやすくなったり貧血気味になってしまいます。

イライラしやすい

人はストレスを感じてイライラすると、自律神経のひとつである交感神経が緊張状態になり、体温調整機能に異常が起こります。

このことにより冷え性になると、今度は副交感神経が緊張状態になりさらなるストレスを呼ぶのです。

ストレスが冷えを呼び、冷えがさらなるストレスを呼ぶ...。
まさに悪循環としか言えません。

最後に

いかがでしょうか?
当てはまるポイントがいくつかあったら、あなたの体温調整機能に狂いが生じ、冷え性になってしまっている可能性があります。

これらの症状を改善するにはまず、自分が冷え性だということを自覚すること、冷え性の度合いがどのくらいのものであるかを知る必要があるでしょう。
中村
ちょっとした生活習慣の見直しをするだけで体温調整機能を正常化させることが出来る可能性は十分にありますよ。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む