温順へスペリジン

冷え性対策で不妊の悩みを6割解消する方法

「冷えは万病のもと」とも言われているように、冷え性は様々な体の不調を招きます。

特に女性に多いと言われている冷え性は、実は不妊の原因にもなっているということをご存知でしょうか?

早いうちに冷え性を改善して、妊娠しやすい体を取り戻してください。

不妊を解消する冷え性対策

ストレスを溜めない

ストレス社会に生きる現代人は、誰しもストレスを抱えて生きています。

この日常感じるストレスを解消せずにそのままにしておくと、自律神経に乱れが生じ、体温調整が上手く出来ない体になってしまうのです。

暑さや寒さに体が対応出来なくなるため冷え性となり、子宮や卵巣など女性にとって非常に大切な器官が正常に働かなくなります。

また、女性ホルモンの分泌にも影響を及ぼし、妊娠しにくい体になってしまいます。

冷えは女性にとって重要な問題です。
冷え性にならないように、自分なりのストレス解消法を見つけておきましょう。

無理なダイエットはしない

特に最近女性に冷え性が多いのは、無理なダイエットをする人が増えているためと言われています。

食事制限によるダイエットは筋肉量を極端に減らし、体温保持が出来ない体を作り出してしまいます。

ダイエットするなら栄養バランスに良い食事をしっかりと摂りながら、運動をして適度な筋肉量を保つようにしましょう。

体を締め付ける服装は避ける

これも女性に冷え性が多い原因のひとつです。

女性は体にフィットする服装を好みますので、知らず知らずのうちに体を締め付け、血行を悪くしてしまっているのです。

特に矯正下着のように一日中体を極端に締め付ける服装は避け、血行不良を起こさないように気をつけてください。

食生活を見直す

現代人は食生活が乱れがちです。

生野菜サラダやアイスクリーム、冷たい飲み物などは体を冷やしますので、摂取量を減らすように努力してみてください。

外食やファーストフードなどに頼らず、栄養バランスに優れた食事をしっかりと摂りましょう。
体を温める効果のある食べ物や飲み物を積極的に毎日取り入れることで、冷え性は驚くほど改善することが出来るはずです。

冷暖房器具に頼り過ぎない

クーラーの効いた室内と暑い屋外、暖房の効いた室内と寒い屋外。
この温度差の急激な変化は、自律神経の乱れを招きます。

普段からあまり冷暖房器具に頼り過ぎた生活をしていると、体温調整が出来ずに冷え性になってしまうのです。

特に冷房によってお腹回りが冷えたときには、必ず家に帰ったらゆっくりとぬるめのお風呂に長時間浸かって温めるようにしてください。

不妊を改善するには、まず子宮や卵巣といった器官の冷えを取り除いてあげることが大切なのです。

最後に

不妊で悩む女性は、あまり冷え性が原因になっていることに気付かないものです。

しかし実は冷え性を改善することこそが、不妊を解消するための第一歩だということを忘れないでください。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »
関連記事をもっと読む