人間とAIが”協調”する未来を創る

そこで今すぐ あなたの携帯電話の契約更新月をチェックしてみましょう

世の中に“AI”という言葉が広く普及した昨今、
これからはどのようにビジネスの中で当たり前に
使うかを考えるべきステージではないでしょうか?
AIはブラックボックスだから信用できない、
そんな時代は終わりを迎えようとしています。

※2019年12月下旬入荷分予約受付中 【送料無料】ALMA アルマ THUNDER サンダー ファイトショーツ L 黒 ALP3-L-BK

本当にビジネスで使えるAIを導入したい。
そんな一心で、KYSMOは予測根拠が説明できる
“Explainable AI”を開発しています。

☆【EBC】ブレーキエンデューロ/ MXカーボンTTブレーキパッド-EPFA335HH 32981afun24585-製品を買う価値がある

KYSMOの理念

ニュース

キスモの提供価値

予測根拠が説明できる“Explainable AI”

「玩具野郎活動日報 東京遠征2019 10月 1日目」の記事はこちら作品テーマは「宇宙」と「学園青春ドラマ」となっており

人の勘と経験に頼っていた判断を見える化する。

予測へ影響する要素を明らかにし、新たな知見の獲得を後押しする。

現場の感覚をスピーディーにAIに組み込み、精度の改善へ導く。

☆【EBC】ブレーキエンデューロ/ MXカーボンTTブレーキパッド-EPFA335HH



メーカーEBC
商品名ブレーキエンデューロ/ MXカーボンTTブレーキパッド-EPFA335HH 
特徴●湿った状態または乾いた状態での制動に最適
●パッドの寿命のための一定の制動効果
●ブレーキノイズはほとんどない
商品説明 EBC EPFAブレーキパッドは、Double-H焼結パッドのアップグレード品です。 EPFAパッドの主な利点は、レースや極端な道路の使用のためにフィクションが改善され、熱サイクルが改善されていることです。時折トラックの日には、優れた耐光性とモジュレーションを備えているため、 トラック。 EPFAシリーズの化合物は、過酷な条件下でも安定性と安定性をもたらすタングステンとモリブ金属から構成されています。 EPFAパッドには、バックプレートのたわみやデラミネーションを防ぐための通気溝が付いています。EBC Double H焼結パッドは、発売1年の間に長寿命で強力な制動が得られたため、 効果。 Double-Hパッドは、ブレーキパッドの摩擦レベルを測定する業界標準のゲージから、ブレーキフェードがほとんどなく、その名前が付けられました。

☆【EBC】ブレーキエンデューロ/ MXカーボンTTブレーキパッド-EPFA335HH

「AIの信頼性をいかに高められるか」
AI活用を目指すKYSMOが最も取り組みたいテーマであり、業界に求められていることだと強く感じています。
「人間が理解できる根拠をAIが示すこと」により、人間とAIが”協調”できる、そんな未来をKYSMOは目指しています。

九櫻 武道 格闘技 アクセサリー その他 柔道博多人形 JM5

主要取引先・パートナー

事業内容

【送料無料】ALMA アルマ ファイトパンツ KING OF KINGS キング オブ キングス M ピンク ALP1-M-PK

予測の根拠を説明できる”Explainable AI”を開発しており、データの取得から運用まで、一気通貫でお客様のAIプロジェクトの実現をサポートいたします。モデルの設計は世界トップクラスの専門家が行っており、確かな知見でお持ちのデータの価値を最大化します。

LeadAI

AIと呼ばれるシステムの核の多くは機械学習です。機械学習ではデータの量と質が非常に重要です。 想定に近い事例から専門家がアーキテクチャを構築し、お持ちのデータで実験。データの過不足の議論やデータ追加の提案、精度向上に向けた効率化など 様々な知見を用いて、お持ちのデータで「AIが作れるか」を検証します。

LeadAI事業

LeadAI

お持ちのデータが何に使えるか知りたい、AIプロジェクトの成功確率が知りたい。そんなご要望に答えるため、探索的データ分析(EDA)、事前精度検証(PoC)を全自動化。高精度な検証をお手軽にお試しいただけます。

特設ページより、類似のAI活用事例を探してお問い合わせいただければ、そのお問い合わせ内容を元に、世界トップクラスのデータサイエンティストが分析いたします。

KUSAKURA(クザクラ) 日武印柔道衣1号 _JA1 JA1

特設ページへ

おとくケータイネット詳細 契約時のポイント
(代引不可)ALMA アルマ ファイトパンツ KING OF KINGS キング オブ キングス M ピンク ALP1-M-PK 2日目のレポート記事も合わせて読んで頂けると嬉しく思います