温順へスペリジン

冷え性対策のために低体温を改善する5つの方法

現代人は低体温の人が多く、冷え性になりやすいと言われています。

これは自律神経の乱れが原因であり、体が冷えていることによって様々な体調不良を引き起こしやすくなるのです。

低体温を改善して冷え性を治すためには一体どうしたら良いのでしょうか。

低体温を改善して冷え性を治すには

適度な運動

現代人が昔の人に比べて低体温になることが多いのは、体を動かすことが減ったことも原因のひとつだと言われています。

どこへでも車や公共交通機関を使って便利に行ける時代になりましたが、その分意識して体を動かしていないと慢性的な運動不足を生み出してしまいます。

運動不足は血流悪化を招き、体のすみずみまで酸素が十分に行き渡らず、結果として冷え性になってしまうのです。

低体温を改善して冷え性を克服するために効果的な運動は、ジョギングやウォーキングなどです。
激しい運動をする必要はありません。

自分で時間を見つけて適度な運動を生活に取り入れるだけで、あなたの体質は改善されるかもしれませんよ。

バランスの良い食事

食生活が乱れがちな現代人は、毎日の食事をもう一度見直す必要があるでしょう。
甘いものや冷たいものばかりを好んで食べてはいませんか?

私たちの体は食べ物に含まれる栄養からエネルギーや熱を生み出しています。

偏った食生活では体温を上昇させることが出来ず、冷え切った体を作り出してしまうことになるでしょう。

体を冷やす食べ物を避け、食事制限による無理なダイエットはしないようにしてください。

入浴

入浴は体を温め、体温調整機能を正常化させる大変効果的な方法です。

忙しいからといってシャワーだけで済ませてしまわず、ゆっくりとお風呂に浸かる時間を確保しましょう。

冷え性改善にはぬるめのお湯に長時間浸かったり、足湯をしたりするのもおすすめです。


ストレスの解消

過度のストレスは自律神経やホルモンバランスの乱れを招きます。
血行不良を起こし、冷え性の原因となってしまうのです。

日々の生活の中でストレスを感じないように過ごすのは難しいことかもしれませんが、せめて就寝前にストレスを軽減することが出来るように、自分なりのストレス解消法を見つけてください。

生活習慣の見直し

夜更かしして睡眠不足が続いたり、お酒やたばこを摂取しすぎることで、体中の血液の流れはどんどん悪くなっていきます。

一度生活習慣を見直してみてください。

早寝早起きをし、栄養のある食事を食べ、適度な運動を毎日続けることで、きっとあなたの冷え性は改善されるはずです。

最後に

今は子供の低体温も増えてきていると言われています。
このままではお子さんの将来の健康が心配になってくるでしょう。

低体温を放置しておくと、冷え性だけでなく、体の免疫力を低下させたり恐ろしい病気やアレルギーにかかりやすくなります。

まずは日々出来ることから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

その他の運営サイト

夏が終わって秋になると、街はハロウィンカラーですね。
ここ最近日本で盛んになっていますが、実際どんな風に過ごすものなのでしょう。
まだまだ知らなかったハロウィンについて、そして、楽しい過ごし方についてまとめてみました。
ハロウィン

関連記事をもっと読む