温順へスペリジン

冷え性が辛い時に実践したい役立つストレッチ方法

血行不良が原因で起こる冷え性ですが、その多くが、運動不足が原因になっていると言われています。

普段からあまり体を動かす機会がない、という人は、冷え性になりやすいものです。

意識的に体を動かすことで、冷え性体質を改善できる可能性があります。

日常生活の中で簡単に取り組めるストレッチなら、3日坊主のあなたでも続けることが出来るかもしれませんよ。

冷え性に効果的なストレッチ方法

冷え性が辛い時に実践すると良いストレッチ方法をご紹介します。
ぜひ毎日の日課にしてみてください。

手のストレッチ

手先は冷えやすい部分なので、冷えを感じたらすぐに実践できるストレッチを知っておくと便利です。

両手を組んで手首を回したり、指を伸ばしたりするだけでも血行が促進されて温まるでしょう。

また、両方の手の平を合わせて強く押し合い、力を緩めることで血液が一気に流れるので血行が良くなります。

手にある冷え性改善のツボをマッサージしてみるのも良いでしょう。

足のストレッチ

普段から歩くことが多い人は足の筋力がついていますし、血液循環も良いのであまり足の冷えが気になることはないでしょう。

そうでない人はストレッチをして意識的に足を動かすことをおすすめします。

足の指をグー・パーするように動かしたり、足首をクルクル回すと足元の血行が良くなります。

この程度のストレッチであれば、オフィスで冷えを感じたときにでも誰にも気づかれずに実践することが可能ですよね。

また、スクワットも足の血行促進に効果的なストレッチのひとつです。

腰のストレッチ

腰は冷えていないようで実は冷えていることが多いので、放置しておくと危険です。

特に一日中机に座って仕事をしている人は、思っている以上に腰周辺の筋肉がこわばって血流が悪くなっている可能性があります。

椅子に座った状態で足を組み上体をひねったり、片膝を胸のあたりまで引き上げて下ろす、というストレッチをしてみてください。

腰にも血行を良くするツボがありますので、マッサージしながら刺激してみるのもおすすめですよ。

首のストレッチ

首が冷えて血液の流れが悪くなると、頭痛や肩こりの原因になってしまいます。

椅子に座った状態で首を前後左右に動かして凝りをほぐしたり、冷え性改善効果のあるツボをマッサージしてみましょう。

温めながらストレッチするとさらに効果的です。

首はデリケートな部分なので、激しいストレッチは必要ありません。
ゆっくり優しくストレッチしましょう。

最後に

本格的に体を動かしたいのであればエアロビクスや水泳なども効果的ですが、冷え性を改善するためには継続が必要です。

最初からあまり無理をすると続けられなくて冷え性を改善することが出来ないまま終わってしまいますので、無理なく出来ることから始めてみましょう。

ストレッチも毎日の習慣になってしまえば楽ですよ。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »
関連記事をもっと読む