温順へスペリジン

冷え性に効果的な食材は「生姜(しょうが)」

冷え性の方は冬はもちろん、夏でも手や足が冷えると方が多いですね。女性に多いのですが、男性にも少なからずいらっしゃいます。かくいう筆者もその傾向があります。

ウィキペディアによると、「冷え性(ひえしょう)は、特に手や足の先などの四肢末端が温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態のことである。」とあります。

とくに冬の夜なんかは、重装備で寝ても朝まで足が冷たくて、よく眠れないということがしばしばあるようです。これは、手や足の末梢血管への血流が悪くておこるためであって、つまり、血行が悪いということなんですね。

内蔵から温め血行を改善

いろいろ対策が講じられているようですが、つまり、血行を改善して、末梢血管まで血流をよくすればいいのです。運動もいいでしょう。しかし、内蔵から温めるのが一番のようです。

昔から生姜を食べると体が温まると言われます。生姜にはジンゲロールという成分が入っており、ジンゲロールは熱生産分といわれ、冷えを改善するはたらきがあるそうです。

たしかに、生姜を食べると体がほかほかしてくる経験をしたことはありませんか。生姜以外ではにんにくもいいそうですが、にんにくは臭いの問題があり、ちょっと厳しいと思います。

生姜湯で冬でも汗をかくほど

筆者はこの冬、足が冷たくよく眠れないので、生姜湯を試してみました。市販の生姜を粉末にしたものを、お湯で溶かし、はちみつを入れて飲んでみました。効果は抜群でした。

飲んでしばらくしてから、内蔵からほかほかしはじめ、体全体があったまります。もちろん、手先や足もあったかくなりました。

その日の夜は、真冬なのに朝起きると寝汗をかいているほどでした。前述したようににんにくも同じ効果があると聞きます。しかし、生姜なら臭いの問題もないし、冷え性の方は一度試してみるとどうでしょうか。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

冷え性が女性に多いのはなぜ?体温調整出来なくなる5つの理由

がんばって婚活をしているのに、結果が出ない。。
良い人になかなか出会えないと考えている人はいませんか?
「婚活が上手くいかないあなたへ」では、どうすれば上手く結婚活動ができるのかについてご紹介しています。
婚活が上手くいかないあなたへ

食材にこだわるなら、やっぱり有機野菜が一番です。
有機野菜の食材宅配サービスを利用すると、1品から、自宅に旬の新鮮野菜が届きます。
利用者の数もかなり増えている、人気のサービスです。
有機野菜宅配比較ねっと

関連記事をもっと読む