温順へスペリジン

冷え性の改善に効果のある3つの食事とその理由

女性に多いと言われている冷え性は、血液の流れが悪くなることで起こります。

特にこれからの季節は手足の冷えが原因で夜なかなか寝付けない、という人も出てくるでしょう。

冷え性を改善するためには暖かい服装を心がけたり湯船に浸かるという方法もありますが、やはり体の内側から温めなければ意味がありません。

冷え性改善に効果のある食事を食べて、この冬は暖かく過ごしてみませんか?

冷え性改善に効果的な食事

冷え性を解消する食事には、どのようなものがあるのでしょうか。
その理由と合わせてまとめてみました。

体を温める食べ物

体を温める食べ物の代表的なものと言えば、生姜です。

昔から「風邪を引いたら生姜湯を飲むと良い」と言われているように、生姜には体を温める効果があることで知られています。

お味噌汁に生姜を加えるなど、料理に使用するのもおすすめですよ。

同じように体を温める食べ物には、唐辛子や根菜などがあります。

大根やニンジン、レンコンなどの根菜を毎日の食卓に積極的に並べることで、いつの間にか冷え性が改善されているかもしれませんよ。

トマトやキュウリ、スイカなどの暖かい地方で採れる食べ物は体を冷やすと言われているので、避けた方が良いでしょう。

血液をサラサラにする食べ物

血液がドロドロで血流が悪い人は、冷え性になりやすいと言われています。

これは、血管内の血液の流れが滞ることで、全身の細胞に栄養や酸素が行き渡らず、免疫機能が低下したりホルモンバランスが崩れることが原因と考えられます。

血液をサラサラにして全身の血液循環を良くする食べ物には、イワシやサンマなどの青魚、ワカメなどの海藻、納豆や豆腐などの大豆製品、ゴマ油、オリーブオイルなどがあります。

また、血液をサラサラにするためには水分補給も必要不可欠ですので、就寝前や起床後すぐにコップ1杯の水を飲むことを習慣づけるようにしましょう。

温めた食べ物

冷え性を改善するためには、出来るだけ加熱して温めたものを食べるようにしましょう。

栄養バランスに優れた食事を摂ることは冷え性改善に効果的ですが、同じ野菜でも生野菜をそのままサラダとして食べるよりも、野菜炒めなどにして加熱して食べた方が体を内側から温めてくれます。

加熱した方が一度にたくさんの量の野菜を摂ることが出来ますので、効率よく冷え性対策が可能です。

健康のために毎日のように野菜ジュースを飲んでいる、という人は、野菜スープに変えると冷え性も改善出来るのでおすすめですよ。

最後に

基本的なことですが、タンパク質やビタミン、ミネラルが不足すると体内で熱を作る力が弱くなってしまいますので、バランスの取れた食事を意識することを忘れないでください。

夏場でもアイスやジュースなどの体を冷やす食べ物は出来るだけ避けるようにし、1年中冷え知らずの体を手に入れましょう。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »
関連記事をもっと読む