温順へスペリジン

体温調整機能を正常化して子供の冷え性を100%改善!

近年、冷え性や低体温の子供が増えてきていると言われています。
これは体温調整が上手く出来ないためであり、大人と同じように自律神経に問題があると考えられます。

子供が体温調整出来なくなる原因を探って、冷え性を改善してあげなければなりません。

子供のころから冷え性に悩んでいると、大人になってからもっともっと深刻な問題に発展しかねないのです。

子供の冷え性

体温調整出来なくなる原因

子供は大人に比べて体温が高めなのが特徴ですが、最近は平熱が36度前後の低体温児や、夏でも手足が冷たくて眠れない、という冷え性の子供が急増しているのは何故なのでしょうか。

これは、体温調整を司る自律神経に異常が起こっていることが原因と考えられます。

自律神経の乱れの原因としては、

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 朝食を摂らない
  • エアコンの使いすぎ

などが挙げられます。

最近の子供は親の仕事の都合や塾の関係で、就寝時間が遅くなっています。

結果、睡眠不足となり、日中の集中力や記憶力の欠如、体力の低下を招き、運動不足にも陥っている傾向にあるのです。

子供の冷え性が及ぼす影響

体温調整機能に異常が起こり、子供が冷え性になるとどのような問題が起こるのでしょうか。

まず、体力の低下とともに免疫力が弱まり、風邪をひきやすい虚弱体質の子供になります。
一度風邪をひくとなかなか治らない、という子も多いようです。

その他にも、精神面にも深刻な影響を及ぼします。
冷えのせいで睡眠不足のうえ、朝食を摂らずに登校する子供は、当然集中力や記憶力が低下します。

勉強が思うように進まず、成績が上がらない。
成績が上がらないから、勉強への意欲がなくなる。
そして最悪の場合は不登校...というケースも少なくないのです。

子供の冷え性は今すぐ改善すべき重大な問題だということを忘れないでください。

子供の体温調整機能を正常化するには

体温調整出来るように自律神経の働きを正常化するには、睡眠や食生活に関する問題を解決してあげることが一番です。

夜は夜更かしせずに早い時間に就寝し、朝は同じ時間に目覚める、という正しい睡眠リズムを身につけること。

日中十分に運動させれば、夜は自然と眠くなるはずです。

そして、朝食はしっかりと摂らせること。

コンビニやスーパーで売っているお菓子や冷たい飲み物ばかりを与えずに、体を暖める食材を使った料理を食べさせてあげてください。

また、いくら暑い夏でも、クーラーに頼り過ぎる生活はやめましょう。
体がクーラーに慣れてしまうことで、体温調整機能が狂ってしまいます。

最後に

冷え性は子供をキレやすい性格に変えてしまう、とも言われている恐ろしいものです。

ただ単に手足やお腹が冷えているからと言ってその部分を暖めてあげるだけで改善する問題ではないのです。

生活リズムと食生活の改善を図り、根本から子供の冷え性を改善してあげてください。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む