温順へスペリジン

冷え性を改善して妊娠成功率30%アップ!

「自分は冷え性だ」と自覚している女性は、今や2人に1人いると言われています。
それだけ多くの人が冷え性の症状に悩み、改善策を探しているというわけです。

冷え性は季節に関係なく真夏でも手足が冷たく、頭痛や肩こり、疲れやすいなどの症状を引き起こします。
しかもそれだけでなく、不妊にも冷え性が関係しているということが分かっているのです。

近年は不妊で悩む夫婦が急増しており、病院で「不妊症ではない」と診断されているにも関わらず赤ちゃんを授かることが出来ずに悩んでいる人がたくさんいます。

もちろん不妊には様々な原因が考えられますが、「冷え」も不妊と密接な関係にあるということを覚えておきましょう。

冷え性を改善することで不妊を解消し、妊娠を成功させる確率をアップさせることが出来るかもしれません。

不妊と冷え性の関係について

子宮や卵巣が冷えることによる不妊

冷え性と聞くと手足が冷たくなるというイメージが強いと思いますが、手足が冷たくなっているだけでなく、実際には内臓や脳なども冷えてしまっているのです。

つまり子宮や卵巣など、妊娠する上で重要な働きをする部分も冷えの影響を受けてしまうので、生理不順やひどい生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫などの病気を引き起こしやすくなってしまいます。

こうなると着床が困難になり、妊娠しにくい身体になってしまうというわけです。

血行が悪くなることによる不妊

冷えは全身の血液の循環を悪くする原因になりますので、卵巣や子宮の機能を低下させてしまう恐れがあります。

もちろん生殖機能だけでなく体全体が不調をきたすようになりますので、ホルモンバランスが乱れ、結果的に妊娠しにくい体になってしまうのです。

生理痛がひどいときにお腹にカイロなどを当てて暖めると痛みが和らいだ、という経験をお持ちの女性は多いでしょう。
それだけ、冷えと女性の体には密接な関係があるということなのです。

ストレスによる不妊

女性が妊娠しやすい身体でいるためには、ストレスの無い状態でいることが一番です。

ただでさえ不妊に悩む女性の心や体はデリケートなものですから、少しでもストレスを取り除き、自然な状態でいるように心がけたいもの。

冷え性の症状は女性にとって非常にストレスに感じられるものです。
まずは冷え性を改善してストレスを取り除いてあげましょう。

妊娠しやすい身体を作るには

妊娠しやすい身体の条件は、子宮や卵巣などの生殖機能をはじめ、ホルモンが正常に働いているということです。

特にお腹を意識的に暖めるようにして過ごすようにするだけで冷え性は改善され、妊娠成功率はグッとアップするはずですよ。

体を暖める効果のある食べ物を積極的に食べたり、普段から薄着を避けるようにして過ごすことを心がけましょう。

また、本人が自覚していなくても実は冷え性だった、という女性もたくさんいます。
不妊に悩んでいるなら、試しに身体を暖めてみてはいかがでしょうか?

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む