温順へスペリジン

効果100倍!足の冷え性対策

冷え性で悩んでいる人の多くが気になっているのが、足の冷えです。

足が冷えていると夜もなかなか眠れず、辛い毎日を送ることになってしまいます。
まるで氷のように冷たい足元を何とかするためには、一体どうしたら良いのでしょうか?

足の冷え性対策

足湯

足の冷えが気になる人に最もおすすめしたいのが、足湯です。

その名の通り足だけお湯に浸かることで足先から温めるものですが、まずバケツや洗面器に普段入浴するときに溜めるお湯よりも3~4度熱めのお湯を溜めます。

くるぶしが浸かるくらいの高さまでお湯を溜めて足を入れ、15分ほどつけておいてください。

途中でお湯が冷めてきたら、温かいお湯を足して調節しましょう。
終わった後冷水をかけることで保温効果が持続します。

足湯で足を温めているうちに、全身がポカポカと温まって汗が出てくるのを感じるはずです。
寒い季節は出来るだけ毎日足湯を続けて、温めてから眠りに就くようにしましょう。

靴下

1日中足が冷たくて困っている、という人は、やはり靴下で温めるのが最もてっとり早いと言えます。

血流が悪くならないように出来るだけ足を締め付けない靴下を選び、自宅にいるときは重ね履きもおすすめです。

5本指靴下は冷えを改善するツボを刺激してくれるので、こちらもぜひ試してみてください。

ただし、就寝時は靴下を脱いで寝るようにしましょう。

靴下を履いたまま寝る習慣がつくと、血液やリンパの流れが悪くなってさらに冷え性を悪化させることになります。
お風呂上がりに靴下を履き、ベッドに行くときに脱ぐようにしましょう。

湯たんぽ

電気を使わずに心地よい温かさを感じることが出来る湯たんぽは、最近大変人気を集めている冷え性対策グッズのひとつです。

自力でなかなか足を温めることが出来ないときはぜひ活用してみてください。

布団に入ってすぐに足先から温めることが出来るので、寒さに震えることなくぐっすり眠れるようになるはずですよ。

マッサージ

冷えは血流が悪くなることで起こりますので、足先にも十分血液が行き渡るように、お風呂上がりなどにマッサージしておくと、布団に入ったとき違いに気付くはずです。

冷え改善に効くツボもありますので、ぜひ試してみてください。

ヒールやブーツは避ける

女性に冷え性が多い原因のひとつが、ヒールやブーツを履く機会が多いことが考えられます。
ヒールやブーツによって足に負担をかけることで、血液の流れが悪くなります。

足先まで温かい血液が行き届くように、十分配慮してあげてください。

オシャレに気を使ってばかりいると、足の冷えからストレスを溜めることになってしまいがちです。

最後に

足が冷えているとただでさえ寒い冬がさらに憂鬱なものになってしまいます。

足の冷え性対策はどれも簡単に実践可能なものばかりですので、ぜひ試して今年の冬は温かく過ごせるようにしてみてください。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む