温順へスペリジン

冷え性に効果抜群、気泡風呂の3つの効果

冷え性にとっての一番の対処法はお風呂でしょう。
身体の芯から温めて、血液の循環を良くします。
また疲れた筋肉の乳酸を取るなど、健康には最も良い方法と言えるでしょう。

温泉が身体にいいのはご存知の通りですが、最近は気泡風呂も注目されています。

最近増えている気泡風呂

気泡風呂は元々アメリカで医療用として開発されました。
日本には戦後になってから、大きな病院での医療設備として導入され始めましたが、一般にはあまり知られていなかったようです。

その後、風呂が健康に役立つことが証明されてくると、多くの入浴法が紹介され、その中でも気泡風呂は効果があるとして広まってきたのです。

現在では、温泉施設・クアハウス・銭湯などでも良く見かけられるほか、家庭用でも軽量で小型化された気泡装置が販売されており、一般家庭への普及も進んでいます。

医療用の設備では専門家の間でも充分効果が認識され、次の3つは厚労省も認めています。

1.温熱効果

細かい泡の影響で温水の対流が大きくなり、熱伝導性が高まるため身体への温熱効果がアップし保温効果も長持ちします。
つまり体表面の温かさが全身に広がる効果が大きくなるのです。

普通の風呂と気泡風呂に入った場合の保温効果をサーモグラフィーで比較すると、明らかに気泡風呂の方が保温の持続時間が長くなるのが分かります。

さらに調査すると、時間が立って冷めた体の温度を再度温めるという興味深い効果も報告されているのです。

2.マッサージ効果

気泡風呂を販売するメーカーの話では5分の気泡浴は1時間のマッサージに匹敵するといいます。
宣伝の言葉とは思いますが、気泡が身体にぶつかる刺激は柔らかく、身体の広範囲にまんべんなく当たりますからマッサージ効果は確かにあります。

温水の中ですから、筋肉の乳酸を取り除き鎮痛作用も認められます。
その他、新陳代謝を活発にし末梢神経や自律神経の機能を高める効果もあります。

3.洗浄効果

気泡風呂は、単に皮膚の表面の汚れを落すだけでなく、非常に細かな泡が毛穴の深くまで入り込みますから、老廃物や毛穴に詰まった汚れを取り除く効果があります。

毛穴がきれいになれば発汗性が高くなり、抹消部分の血行が良くなりますから美容・美肌にも効果を発揮します。

3つの相乗効果

この3つの相乗効果はもたらします。
温熱効果とマッサージ効果は、血液の循環を良くし身体の冷えを取り除きますし、マッサージ効果は身体の表面の神経を刺激し洗浄効果と共に発汗性を高めます。

これらの効果は、入浴中の血圧を安定させる、脳を活性化させα波がよく出るという効果も報告されています。
このことはストレス解消にも役立つと言えるでしょう。

精神的にもリラックスできる

気泡は身体にやさしい快感を与えてくれます。
そのため身体だけでなく精神的なリフレッシュ効果も期待できるのです。

心身ともにリラックスし、身体を温めることは冷え性に悩む方にとってはもってこいの対処法と言えるでしょう。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

こちらのサイトもごらんください

大晦日を108倍楽しむ過ごし方
12月31日は何をして過ごしますか?大晦日を108倍楽しむ過ごし方では、年末の大晦日にどこに行けばイベントをやっているかなど、さまざまな情報を提供しています。

関連記事をもっと読む