温順へスペリジン

上手な重ね着で冷え性対策!

冷え性対策のためにいろいろ試してみたけれど、どれも効果はいまいち...。
やっぱりたくさん着込んで体を温めるしかないけれど、着膨れはしたくない...。

特に冷え性が多い女性にとって、寒い季節の服装を決めるのは大変なことです。

冷え性対策に効果的な重ね着の方法を知って、オシャレにこの冬を乗り越えましょう!

冷え性対策に効果的な重ね着の方法

首がつく部分を温める

冷え性の場合、手足などの先端が冷えるケースが多いので、手や足を温めることを重点的に考える人が多いようです。

実は首も、温めておきたい部分の一つだということを忘れないでください。
重い頭を支えている首は筋肉が緊張して血流が悪くなりやすいのです。

ハイネックの洋服やマフラーを着用して意識的に首を温めると同時に、レッグウォーマーや手袋で手足も温める服装を心がけてください。

フォーマルなシーンならスカーフなどもおすすめです。

締め付ける衣類はNG

「体にフィットしていれば温かい」という考えは間違いです。

特に女性は体にフィットした服装を好みますが、女性に冷え性が多い原因のひとつがこれなのです。

体を締め付ける衣類を着用することで血流が悪くなり、体のすみずみまで酸素や栄養が行き渡らなくなる結果、冷え性は悪化します。

体と衣類との間に程よい空気の層が出来るものを選ぶことが大切なのです。

下半身を中心に温める

人間の体は上半身よりも下半身の方が冷えやすいものです。
下半身を温めることで全身が温まったのを感じます。

いくら厚手のコートを羽織っていても、下半身が冷えていては意味がありません。
腰やお腹、足首を冷やさないように、腹巻やタイツを使用するようにしましょう。

特にお腹が冷えると内臓の冷えを招き、便秘や下痢、女性特有の病気の原因になりかねません。

特に腹巻は自宅にいるときの冷え性対策としても大変おすすめのグッズです。

血液が溜まっている下半身を温めることこそが、かしこい冷え性対策のひとつと言えるでしょう。

通気性の良い素材を選ぶ

通気性、吸湿性の悪い素材のタイツやスパッツを着用していると、中でムレて汗をかき、さらなる冷えの原因となります。

保温性が高いからといって化学繊維素材のものを使用せずに、通気性の良いシルクやウール、綿などの天然素材のものを選ぶようにしてください。

特にシルクは軽くて薄いのでボディラインをスッキリさせ、着膨れを避ける事が出来ます。

厚手の衣類を何枚も重ねて着るよりもずっと体を温めてくれることになるでしょうし、冬でもオシャレを楽しむことが出来ておすすめです。

最後に

衣類で上手に体を温めるためには、ただ単に何枚も重ね着すれば良いというものではありません。

適度な湿度を保てるように心がけ、効果的に体を冷えから守りましょう。

上手な重ね着が出来れば、憂鬱な寒い冬ももっと楽しく過ごすことが出来るのではないでしょうか?

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む