温順へスペリジン

体温調整機能を正常化して冷え性を改善するために効果的な運動

冷え性は体温調整を司る自律神経の働きに問題が起こることが原因の場合もあります。

筋肉を使って体を動かすことで、熱が発生して冷え性を改善することが出来ます。

自律神経を正常化して正しい体温調整が出来るようにするために、効果的な運動をいくつかご紹介しましょう。

体温調整機能を正常化するための運動

ウォーキング

体温調整機能を正常化して冷え性を改善するために、激しい運動は必要ありません。

毎日の「歩く」という行為を「ウォーキング」として意識するだけでも、かなりの効果が期待出来るでしょう。

特に足の筋肉は全身の血液循環をサポートしているため、毎日のウォーキングは体を温めるだけでなく、血流の流れを良くして体温調整機能を正常化してくれるのです。

ウォーキングは誰にでも簡単に始められる有酸素運動のひとつなので、無理なく体質改善が可能です。

ただし、歩く時の姿勢や歩き方が正しいものでなければ意味がありません。

  • 背筋を伸ばして胸を張った姿勢で歩く
  • 軽く腕を曲げて前後に振る
  • つま先を上げて前に出し、かかとで着地する

この方法でウォーキングをぜひ試してみてください。

ジョギング

ジョギングはウォーキングと並ぶ冷え性改善に効果的な有酸素運動です。

体を温めるだけでなくストレスを解消する効果もあるので、自律神経の乱れを改善するには大変おすすめです。

また、毎日少しずつでもジョギングを習慣化することで、心肺機能が高まり、全身の血液の流れが良くなります。

ジョギングを始めるときの注意点には次のようなものがあります。

  • 無理なくマイペースに
  • 汗をかいても体を冷やさないように
  • 毎日規則正しく繰り返す

骨盤体操

毎日簡単に出来る冷え性対策の運動に、骨盤体操があります。
骨盤の歪みは基礎代謝を低下させ、温まりにくい体を作り出してしまいます。

仰向けに寝て足を15度くらいに持ち上げ、10秒ほどそのまま維持して、勢いよく下ろす。

ただこれだけの運動で骨盤を正しく動かし、下半身の血液の流れを良くする効果があるのです。

就寝前のほんの数分を、骨盤体操の時間にしてみてはいかがでしょうか?
血液の流れを良くしてから就寝すると、いつもよりぐっすり眠れるはずです。

足指運動

足の指を閉じたり開いたりして動かしてみてください。

これを毎日数回ずつ繰り返すことで、足の関節が柔らかくなって血液の流れが良くなります。

この運動は自律神経を強化する効果があるので、冷え性改善に大変おすすめです。

最後に

仕事や家事などに追われて忙しい毎日を送っていると、毎日運動を続けることは簡単なことではないかもしれません。

しかし、ちょっとした空き時間を利用して出来る簡単な運動なら、無理なく継続することが出来るのではないでしょうか。

大切なのは、毎日続けることです。
体温調整出来る体を取り戻して、冷え性とはお別れしましょう。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む