温順へスペリジン

冷え性に効く入浴方法!お風呂は冷え性の特効薬

日本人は風呂が大好きな国民です。
ちょっとした旅行に出かける時には、観光地と共に温泉を探すことが多いでしょう。
昔の人は、温泉が健康に良いことを今の時代より認識していましたから温泉地を大切にしていました。

昔の日本人は、温泉でなくとも風呂のよさは分かっていたようで、「風呂を馳走する」という言葉もあったほどです。

寒い冬に暖かい風呂に入ることは、冷え性の方にとって天国にも上る気持ちでしょう。
風呂の良さは身体全体が温まり、血液の循環も良くなることで、冷え性の方には最適な健康法なのです。
さらに疲れの元となる筋肉中の乳酸を減らす役目もあるので一石二鳥の健康法といえるでしょう。

しかし、風呂好きの方でも健康に効果がある入浴法はあまり知られていないのが現実のようです。

熱いお湯はほどほどに

日本では熱いお湯に入ることが好まれます。
これは江戸時代からの風習で「長い風呂は威勢が悪い、熱い風呂にさっと入ってさっと出る」という江戸っ子気質のやせ我慢が根付いてしまったためでしょう。
今考えれば極めて非科学的な論理といわざるを得ないことです。

42度以上の高温では血圧が一気に上昇します。
このため高血圧・心臓・血管等の循環器・糖尿病の人では脳出血や急性心不全の危険性が高まります。

さらに、高温では汗を急激にかくため血液がどろどろ状態になって血栓が出来やすくなり脳梗塞や心筋梗塞の恐れも出てくるのです。

また熱い湯に入る方は俗にいう「カラスの行水」が多いようです。
洗い場で身体をきれいにすれば良いという考え方でしょうが、これでは入浴の意味がありません。

我慢大会ではないのですから、むやみに熱い風呂へ入るのは控えた方が良さそうです。

シャワーだけ浴びるのは冷え性の元になる

一人暮らしでは、浴槽の掃除や湯船にお湯をためる面倒を避けシャワーだけで済ませてしまう方が多いようです。
また冬は湯船で、夏はシャワーという方も大勢いらっしゃるでしょう。

汗や汚れを落とすだけならそれでもいいのですが、健康を考えれば充分とはいえません。

湯船につからず表面だけを温めても、身体の中は冷えたままです。
実は、表面だけが温められて中心は冷えて状態こそが冷え性の本質なのです。

現在の人たちは暑い夏でも仕事場・交通機関・ショッピングセンター・家庭などどこかで冷房にあたっています。
温度差の激しいことは身体に良い影響は与えません。
夏でもしっかりと身体を温めることが冷え性防止に役立つのです。

一番はぬるめのお湯にゆっくりと半身浴すること

子供の頃にいわれたのは「肩までつかってゆっくり100まで数えること」でしょう。
これに付け足すとすれば「ぬるめのお湯に」でしょうか。(熱いお湯でこんなことをすればのぼせてしまいますから)

ただし、「肩までつかって」は短時間にし胸より下の半身浴が理想的です。
その理由は肩までつかると水圧で心臓や肺への負担が大きくなってしまいます。
その結果、湯船からでると血圧が急激に低下するために立ちくらみなどをおこしてしまうのです。

心臓が弱い方が医師に相談すると、必ず半身浴を勧められるのはこのためです。
半身浴でも血液は循環していますからお湯につかっていない部分でも充分温まります。

冷え性には温泉がピッタリ

日本の温泉には硫黄泉・炭酸泉・ナトリウム泉など多数の種類の温泉があります。
また、その含有成分によってキリ傷・消化器・痛風・婦人病などこれも多くの効能が紹介されています。

効能の全てが正しいとは思えないところもありますが、貼付薬に準ずる効能があることは確かなようです。
それ以上に、保温効果や殺菌作用が期待できますから冷え性にはピッタリといえるでしょう。

入浴剤でも充分に役立ちます

沸かしたての一番風呂、サラサラなお湯と肌にピリピリとする感じは、本当に気持ちのいいものですが、昔から「年よりは一番風呂に入れるな」という言葉がある位刺激の強いものです。

これは不純物のないさら湯では、お湯の熱が直接肌に伝わってしまうので身体の弱った年寄りには良くないということです。

昔から伝わっている柚子湯、蜜柑湯、菖蒲湯などは、さら湯の刺激を少なくすることとその成分の持つ効能と生かす知恵といえるのです。

これを手軽に味わえるなら入浴剤が一番です。
入浴剤の中でも冷えの改善を考えれば保温性の高いものが良いでしょう。
入浴剤には香りを楽しむものも多数ありますから、リラクゼーション効果も高くなります。

正しい入浴法で風呂を楽しみ、健康増進にも役立つなら風呂ほど便利なものはないでしょう。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

家庭を長い間留守にする時の防犯対策はお済みですか?
なにかあってからでは遅いのが、防犯対策です。
パソコンの防犯はもちろんのこと、子どもを一人にする場合にも気をつけることが山ほどあります。
「防犯対策ナビゲーター」では、日常の生活で気をつけた方が良いことについてまとめています。

お年寄りの方に対して感謝の気持ちを表す日、あなたはどうやって気持ちを伝えますか?
敬老の日ガイド」では、敬老の日に贈るプレゼントや、一緒に楽しめる遊びなどを提案しているサイトです。

オールジャンルに様々な情報を発信する「さくさくブログ」は、毎日サクッと更新し、気軽にサクッと読める、そんなブログです。
お時間がある時に、一度ご覧いただければ幸いです。

関連記事をもっと読む