温順へスペリジン

食生活にも関係が!冷え性の4つの原因

冷え性は特に女性に多く、季節に関わらず辛い症状に悩まされている人がたくさんいます。
冷え性がひどくなると頭痛や肩こり、生理不順などを引き起こす原因にもなりますので、ぜひ早めに改善したいものですよね。

今の医学では冷え性は「病気」としては考えられていませんが、様々な病気の元になる可能性は十分にあるのです。

  • 夏でも手足が冷たく、疲れやすい
  • トイレに行く回数が異常に多い
  • 平熱が36度以下である
  • あまり汗をかかない

このような症状がある場合、冷え性が疑われます。
早期に対策を考えて、体調不良を起こす前に冷え性を治しましょう。

冷え性には人それぞれの症状がありますが、そもそもその原因となっているものは一体何なのでしょうか。

冷え性の原因

温度の変化

私たちの体は通常、気温や季節に合わせて体温をコントロールすることが出来ます。

しかし、エアコンや暖房などの機器に頼る生活を続けているうちに、この体温調節の機能が上手く働かなくなってしまうのです。

このことにより毛細血管に血液が送られなくなり、冷えが起こってしまうというわけです。

食生活の乱れ

人間の体温は通常36,5度くらいが平均です。
しかし体内のビタミンやミネラルが不足すると、この体温を保つことが出来なくなってしまうのです。

加工食品に頼りがちになっている現代人の体はビタミンやミネラルが不足しやすく、冷え性を起こす人が増えてきていると言われています。
つまり、食生活の乱れや無理なダイエットは、冷え性を引き起こす原因になってしまうのです。

また、ファーストフードやチョコレートなどを食べ過ぎると血行不良を起こし、冷え性になりやすくなります。

身体を圧迫する服装

窮屈な服装をしていると血行不良を起こしやすく、体の末端まで血液が送られなくなり、冷えが起こります。

特に女性はスリムに見せるために体にフィットした服装をすることが多いため、体を圧迫してしまいがちです。
このことも冷え性が女性に多いと言われている理由のひとつのようです。

運動不足

血行不良を起こす原因には運動不足も考えられます。

全身の筋肉には血液を体の末端まで送りだす働きがありますので、運動不足で筋肉が落ちると、血液の循環が悪くなってしまうのです。

適度な運動を心がけるようにすれば新陳代謝も活発になり、冷え性を予防することが出来るかもしれません。

最後に

冷え性は悪化すると日常生活にも支障をきたすような症状を引き起こします。
「自分は冷え性かもしれない」と思ったら、冷え性になった原因は何にあるのか考えてみてください。

原因となっているものを取り除くだけでも、症状は軽くなるはずです。

冷え性は病気ではないので治すための薬などはありませんが、生活習慣の見直しや食事などで改善できる可能性は十分にあります。

自分に合った改善策を見つけるためにも、まずは冷え性についての正しい知識を身につけることから始めてみましょう。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む