温順へスペリジン

末端冷え性とは?その原因と症状を知って驚く手足の冷えの恐ろしさ

毎年寒い季節になると手足の冷えに悩む人が急増しますが、自分が冷え性であるということに気付いていない人もいます。

冷え性にもいくつかのタイプがあり、最も多いのが「末端冷え性」と呼ばれるもので、冷え症の初期状態と考えて良いでしょう。

これ以上冷え性を悪化させないためにも、まずは末端冷え性について詳しく知る必要があるのではないでしょうか。

末端冷え性の原因と症状

末端冷え性の原因と症状についてまとめてみました。
他のタイプの冷え性とどう違うのか知ってください。

末端冷え性の原因

末端冷え性とは、体の血流が悪くなることで手足の先などの末端まで血液が行き届かず、冷え切ってしまうことを言います。

こうなると入浴やカイロなどで温めても、温めるのを止めるとすぐにまた冷えてしまいます。

「手足が冷たいだけだから自分は冷え性ではない」と思っている人も多いようですが、これは大きな間違えです。

末端冷え性を放っておくと下半身型冷え性や内蔵型冷え性に進行し、様々な体調不良を起こす原因となってしまいます。

末端冷え性の原因として考えられるものには、血液をドロドロにする食生活や運動不足、クーラーや薄着による体温調節機能の低下、ストレスによる自律神経やホルモンバランスの乱れなどがあります。

自分の手足の冷えの原因が何にあるのか、考えてみると予想がつくのではないでしょうか。

末端冷え性の症状

末端冷え性は冷え性の中でも初期段階と言われる症状なので、手足の冷えだけを訴える人もたくさんいます。

しかしその冷え方は深刻で、冬になると足先が冷たいせいで布団に入ってもなかなか寝付くことが出来ず、不眠に陥ってしまう人も少なくありません。

また、外出先では手袋をはめていないと、痛みを感じるほど手先が冷たくなり、その冷たさは触った人に驚かれるほどのものです。

手足の冷えだけで済んでいるうちはまだ良いのですが、悪化すると頭痛や肩こり、腰痛といった症状が現れるようになります。

これは全身の血液循環が悪くなっている証拠で、温めたりマッサージをすることで改善しますが、冷えのせいで全身の機能が低下することで、免疫力が低下して風邪を引きやすくなったり、妊娠しにくい体質になってしまうこともあります。

末端冷え性の進行を予防するためには、とにかく体を温めて血流を良くしてあげることが必要です。

末端冷え性の改善方法をよく調べて、早めに実行に移しましょう。

最後に

末端冷え性を抱えている人はたくさんいます。

もちろんただ単に手足が冷えるからと言って末端冷え性と決めつけてしまう必要はありませんが、手足が冷えやすい人はこれから冷え性に進行する危険性が十分にあるということを覚えておいてください。

末端冷え性は食事の改善や適度な運動、服装の見直しなどによって症状を和らげることが可能ですので、今すぐ出来ることから実践していきましょう。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »
関連記事をもっと読む