温順へスペリジン

冷え性と自律神経の関係

寒い冬は冷え性に悩む方が急増します。
夜布団に入っても足腰が冷えて眠れない、昼間仕事のデスクについても下半身が冷えて気が散ってしまうなど日常生活への影響が大きいのも冷え性の特徴と言えるでしょう。

どんな状態を冷え性と言うのでしょうか

寒くなれば身体が冷えるのは当然のことですが、冷え性とはどんなものなのでしょう。

一般的には周囲の体感温度が20度を超えれば寒いと言う感覚はなくなります。
しかし、冷え性の方は暖かい部屋に入っても身体がなかなか暖まらず、手足を中心に冷たさが取れません。
冷え性の女性の手が驚くほど冷たいことはよくあります。

つまり、寒さで身体が冷え、温かいところに入っても身体の隅々に冷えが残っている状態が続くことが冷え性と呼ばれるものなのです。

なぜ冷えたままなのでしょうか

身体の冷える原因は2つあります。
一つは血管が寒さで収縮してしまい血液の循環が悪くなって熱が運ばれなくなることです。
周りが温かくなればこれが解除されます。

もう一つは寒さがひどくなれば生命に関する大事な臓器に血液を集中させるため生命に直接関わらない手足などへの血液は後回しとなるのです。

血液循環をコントロールしているのは自律神経

さらに詳しく言えば寒くなっても血液を循環させる力は働いていますから収縮した血管へも血液を運ぶためにその力が強まり血圧が上がるのです。

温かくなっても身体の末端が冷えたままなのは、末端が冷えていても暖まっていると認識しているか、重要な臓器への血液集中が続いているかのどちらかということが考えられます。

ではこれを制御しているのはどこでしょうか。
身体の異常を認知し、それを補う役割は自律神経が行っており、その伝達物質としてホルモンが分泌されています。

自律神経失調症

従って自律神経が機能を失っている場合はホルモン分泌のバランスが乱れ、血液循環をよくしなければならない時でもそれが出来ない状態になってしまうのです。

これが自律神経失調症と言われるもので、冷え性の他にも目眩、頭痛、不整脈、身体のだるさなど多くの不快な症状を引き起こしてしまいます。

自律神経失調症の場合、冷え性は症状の一つと考えられます。
これを治すためには生活習慣や食生活の改善、場合によってはホルモンバランスを正常にする薬の投与も必要になってきます。

自律神経が正常な場合の冷え性

自律神経が正常な場合の冷え性は、他に大きな原因が考えられます。
自律神経が正しい指令を出し、ホルモンが正常に分泌されても血液循環がおかしい場合、まず心臓の病気が考えられます。

指令が正しくても心臓が正しく動かない慢性心不全や狭心症、心房細動などです。
この他にも血液循環に関わりを持つ内臓や血管に原因があることも多く考えられるのです。

冷え性の影に大きな病気が隠されていると言われるのはこのためです。

冷え性にはこのような原因がありますから、体質的なものと諦めずに、早めに医師の診察を受けることが病気から身を守ることと考えましょう。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む