温順へスペリジン

体温調整と冷え性の密接な関係

今や2人に1人はその症状に悩まされていると言われている冷え性。

ただ単に夏でも手足が冷たくなるだけでなく、頭痛やめまい、手足のしびれ、不眠など、様々な深刻な症状を引き起こしてしまう冷え性はなぜ起こるのでしょうか。

実は人間の体温調整機能が、冷え性に大きく関係していることが分かっています。

体温調整と冷え性の関係

そもそも体温とは?

人間の体温は約36度~37度で保たれています。

人は普通、食べ物から摂取した栄養をエネルギーに変えて運動をしますが、このときエネルギーとして使われなかったものが熱に変換され、体温を維持しているのです。

体温は人によっても周囲の環境によっても時間帯によっても変化します。
1日のうちで早朝が最も体温が低く、夕方が最も高くなることはご存知のはずです。

風邪をひいてウイルスの影響を受けると発熱するのは、発熱することでウイルスの増殖を抑えたり、免疫機能を高めるためです。

あまり高熱にならない限り、出来るだけ解熱剤を飲まずに発熱させておいた方が早く治癒すると言われています。

体温調整が冷え性にどう関係するのか?

風邪などのウイルスの侵入がない限り、私たちの体温は36~37度に保たれます。

この体温を維持するためには、自律神経の働きが大きく関わっています。

自律神経が正常に働かなくなることで、脳から体温調整のための指令がうまく伝わらなくなります。

自律神経が正常な場合、外気温が低くなり寒さを感じると、体内で作られる熱の量が増えて体を暖めようとします。
逆に外気温が高くなり暑さを感じると、熱を体外に放出して体を冷やそうとするのです。

この大切な役割を果たす自律神経に乱れが生じることで、体温調整が上手く出来なくなり、冷え性を起こしてしまう、というわけです。

体温調整出来なくなる原因

体温調整を司っているのは自律神経ですから、自律神経に乱れが生じることで冷え性になりやすくなります。

現代人に冷え性で悩む人が増えているのは、自律神経の乱れの原因となるストレスや食生活の乱れ、睡眠不足を起こしている人が多いためです。

急激な温度差のある場所を出入りする生活を続けることで体温調整機能が鈍くなることも考えられますので、夏の暑い日にクーラーに当たってばかりいるのも冷え性になりやすい原因のひとつなのです。

また、体中を流れる血液の循環が悪くなることが、自律神経の働きを妨害することにもなります。

サイズの合わない下着や体を締め付ける衣類を出来るだけ避け、冷え性の原因となる体温調整の乱れを起こさないように気を付けてください。

最後に

冷え性は症状が重くなると身体に様々な悪影響を及ぼす可能性の高い恐ろしいものです。

体温調整機能に乱れが生じることのないように、生活習慣や食生活の見直しを試みてください。

寒くなったら体を暖め、暑くなったら体を冷やす。
これが正常な体温調整機能の働きなのです。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む