温順へスペリジン

なぜ女性に冷え性が多いのでしょうか?

ある調査によると、冷え性に悩んでいる方の8割は女性となっています。

なぜ男女間でこれほどの開きがあるのでしょうか。
そこには基本的な身体の違いの他にも女性特有の意識が冷え性を引き起こしている可能性が大きいようです。

冷え性になりやすい女性の特徴

一般的な女性の特徴を見てみると次のことが挙げられます。

  • 男性に比べると筋肉が少なく、学校を出てからは運動量が極端に落ちている。
  • 生理の影響でホルモンの量や変動が大きい。
  • 男性より皮下脂肪が多いため寒さに鈍感になりやすい。
  • ファッションを重視するため、寒さを気にしない。
  • 常にダイエットを考えている。

この条件の中で注意しなければならないのは、身体的な特徴以外、ファッションやダイエットなどは冷え性を招く身体を作っているということです。

体温を上げる仕組み

体温は身体を動かすことで発生します。
人間の身体はその熱を汗や呼吸、血液の循環、皮下脂肪、内蔵機能などの精密な機能で体温を維持していますが、熱の発生源は筋肉と肝臓です。

このため筋肉が少なく、運動量も少ない女性は、元々熱の生産量が少ないのです。
女性や痩せている高齢者に冷え性が多いのはこのことも関係しているのです。

女性はホルモンバランスが乱れがち

初潮を迎えた女性は、排卵や月経のためにホルモンの分泌量が大きく変化します。
このバランスは中枢神経や自律神経で制御されていますが、ストレス・睡眠不足・最近では環境ホルモンなどの影響で乱れることがあります。

ホルモンの影響は体温にも関わります。
月経の影響で女性の基礎体温は変化していますから、ホルモンバランスの乱れは体温調節にも影響し、冷え性をはじめ、肩こり・頭痛・目まい・動悸・息切れなど多くの症状が出てきてしまうのです。

冷え性を招くファッションやダイエットに注意して

女性は男性に比べると皮下脂肪が厚いため、寒さに鈍感な方が多いようです。
これがファッションにもそのまま影響し、冬でも肌を露出したものや、薄手のものを平気で身に付けています。

女子高生の素足にミニスカートなどは、その典型といえるでしょう。
ここまでいかなくても、多少の寒さは我慢してファッションにこだわる女性は多いようです。

ダイエットにも同じことがいえ、平均的な体重であっても痩せる努力をし、食事の条件も栄養バランスよりもカロリー計算が優先されているようです。
極端な栄養の偏りは血液の成分や循環にも悪影響を及ぼしますから、ますます冷え性になりやすいのです。

「身体はスリムがスマート」という風潮には問題がありますが、それに踊らされて健康な身体を壊しては意味がありません。
綺麗な身体は健康から生まれるものなのです。

冷え性は想像以上に身体を蝕みます

冷え性は、ホルモンバランスを悪化させ身体の恒常性(身体を常に正常に動かす働き)を壊すことに繋がります。

これが酷くなると、特に女性特有の病気(月経不順・子宮内膜症・不妊症・早期流産など)や膀胱炎・早期閉経・更年期障害なども起こりやすくなり、決して侮れないものといえるのです。

女性は男性に比べると冷え性になりやすく、男性より深刻な影響を受けることが多くあります。
冷え性を甘く考えず日常生活を見直しましょう。また冷え性がひどい場合は医師に相談することをお勧めします。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもご覧ください

関連記事をもっと読む